中国では絶対ヒットすると予言しておく!

c0018311_11512351.jpg

予備知識なしでマット・デイモン主演なので『グレートウォール/長城』をみた。エンドロールでジョン・ウー監督作品かと思っていたから、なんとそれがチャン・イーモウ監督だったのでびっくりした。シルクロードを辿って中国の黒色火薬をヨーロッパに持ち帰り一儲けを企むマット・デイモンの二人組。

途中に襲われた饕餮(トウテツ)という化け物動物と戦った情報と弓の腕をかわれ傭兵となる。長城を防衛する禁軍の鶴の軍団隊長のリン司令官(ジン・ティエン)が凜として素晴らしくカッコイイ!!  青色の防具を身に纏った鶴の軍団が饕餮に槍とバンジージャンプで立ち向かう姿にぼくはボロ泣きし痺れた。

マット・デイモンが紫禁城決戦でリン司令官と戦うのも、彼女に対する慕情だったから他ならない。活劇としては十二分に楽しめる作品ではあるが、蒙古族など北方夷狄(四夷(しい)あるいは夷狄(いてき)は、古代中国で中華に対して四方に居住していた異民族に対する総称(蔑称)である。古代中国において、異民族の支配を含め、中国大陸を制した朝廷が自らのことを「中国」、「中華」と呼んだ。また、中華の四方に居住し、朝廷に帰順しない周辺民族を東夷、北、西戎、南蛮と呼び、「四夷」あるいは「夷狄」(いてき)と総称した)を饕餮という宇宙由来の生物にしている架空設定が若いゲーム世代にウケるだろうが、ストーリー内容を重視したいオジンとしてのぼくとしては納得しがたい面があったのは否めない。【45点】



<あらすじ> ⓒムービーウォーカーより

金や名声のために世界中を旅する傭兵ウィリアム(マット・デイモン)は、20数名の部隊とともに半年に及ぶ旅の末、ようやくシルクロードの中国国境近くにまでたどり着く。だが部隊は砂漠地帯で馬賊の襲撃を受け、多くが命を落としてしまう。真夜中、闇に身を隠していた部隊は謎の獣に襲われる。ウィリアムがとっさに剣を手にし、その獣の手首を切り落として退散させるものの生き残ったのはウィリアムとトバール(ペドロ・パスカル)だけだった。

翌日、再び馬賊に追われた二人は、荒れ果てた大地をひたすら馬で駆け抜け、やがて彼らの目の前に長く、巨大な城壁が現れる。その城壁こそ万里の長城であった。馬賊が後方に迫るなか、二人は武器を捨て、長城防衛の命を受ける禁軍に降伏することを選択。長城の前線基地ではウィリアムらの処分を決める会議が開かれる。即刻処刑すべきという武将たちの声が大勢を占めたが、戦略を司るワン(アンディ・ラウ)はウィリアムが持っていた獣の手に興味を示し、彼らの利用価値を示して処刑を思いとどまらせる。

ワンは、ウィリアムを襲った獣の正体は二千年前から60年に一度現れ、幾度となく中国を襲ってきた伝説の怪物、饕餮(とうてつ)であり、万里の長城が築かれた最大の要因であることを明かす。饕餮が長城を超えて都に迫れば国の滅亡が避けられないばかりか、人類すべてが食いつくされてしまう。饕餮の大襲来を止めようと、都を守る禁軍の全部隊が万里の長城に集結していた。やがて饕餮の襲来を知らせる狼煙が一斉に上がる。巨大な地響きとともに遥か山々の向こうから何千、何万もの饕餮の大群が長城めがけて怒涛のごとく押し寄せてきた。

訓練され統率のとれた禁軍の各部隊は、女性司令官リン隊長(ジン・ティエン)を筆頭におぞましい怪物たちに向けて様々な攻撃を開始。弓の名手であるウィリアムも戦いに加わり、禁軍は饕餮の襲撃の第一波をやり過ごすことに成功する。戦いを終えたウィリアムのもとにバラード(ウィレム・デフォー)という西洋人が現れる。彼は武将たちに英語とラテン語を教える傍ら、中国で発明された黒色火薬を盗み出そうと画策していた。欧州ではまだ入手不可能だったこの火薬を手に入れようと多くの者たちが中国に派遣されていたが、国は火薬やその調合方法を最高機密として国外への持ち出しを固く禁じていた。ウィリアムもこの火薬を欲していたことを知ったバラードは協力関係を持ちかけるが、ウィリアムはその提案を拒否。彼は、禁軍の戦いを目の当たりにし、その気高い自己犠牲の精神に心動かされ、自分の目的のためでなく世界を守るために戦うことを決意していた……。

紙の爆弾 2017年 5月号 [雑誌]

鹿砦社/鹿砦社

null

スコア:




[PR]
トラックバックURL : http://amenbou.exblog.jp/tb/26588329
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amenbou | 2017-04-16 11:57 | 批評 エッセイ | Trackback | Comments(0)