テレビCMに騙されるな!

「ウコン=二日酔い予防」を信じているのは日本人だけ!曖昧な根拠がが突然ひっくり返ることも!?
【ヘルスプレス】2017.05.18 http://healthpress.jp/2017/05/post-2981.html

c0018311_14111323.jpg

 ウコンと言えば、まず思い浮かべるのが「二日酔い防止」だ。そのウコン効果を消費者に定着させたのが、「ウコンの力」のCMだろう。最近は人気急上昇中のミュージシャンで俳優の星野源さんが登場し、「飲んで行こう!」というキャッチでアピールしている。

 ただ、この「ウコン=二日酔い予防効果」は、どうやら日本だけらしい。ウコンの効果を示す論文は多いが、海外ではおおむね「消化促進」や「肝機能促進」の有効性が評価されていたり、インドのアーユルヴェーダ医学では関節炎の痛みの軽減や塗り薬として湿疹や傷の治療などに用いられてきた。

 海外にはそれらしい論拠やその用途での歴史がないのに、なぜ日本だけ「二日酔い予防効果」が周知されているのだろうか?

「都合の良い科学データ」を盾に取った曖昧さ

 それはまさに、売りたい企業の指針に見合った「都合の良い科学データ」を盾に取ったCMの効果に他ならない。そして「都合の良い科学データ」が打ち出せるのは、この業界の「科学」に正解がなく、どのように解釈してもある程度のものが言える曖昧さがあるからだ。あるいは、昨日までの見解が、今日、突然ひっくり返っていたりすることも往々にある。

 たとえば最近「ウコン(クルクミン)に薬効はない」という論文が米国ミネソタ大学の研究チームから発表された。これまで「ウコンの含有成分のクルクミンが二日酔いに効く!」と謳われ、商品のパッケージにはクルクミンの含有量が明示されてきたが、この論文を評価するとすれば、「クルクミン効果は偽証なの?」という話になる。

 かの研究チームの論文では、クルクミンは体内に吸収できない化合物であることや、反応性が高く、タンパク質に作用しているような見せかけの効果を表すことがあるというのだ。

 ところが、最近の商品パッケージをよく見ると、有効成分は「クルクミン」だけではない。「ビサクロン」と「ビタミンB群4種」が登場している。特にビサクロンの「二日酔い改善作用」と「肝障害抑制作用」は「ヒトを模した試験において科学的データがある」と、そのデータを一般消費者にもわかりやすいグラフやイラストにしてウェブサイトに掲載している。

 当該サイトによると、2013年9月に発見されたということらしいが、はたしてこの新規成分の効果の確からしさは、どれほどの客観的評価を得ているのだろうか?

売る側は当然、ベネフィットだけを伝えたがる

 長年、さまざまな研究が積み重ねられてきた「クルクミン」でさえ「白紙撤回」のような事態になる可能性があるのだ。いや、クルクミンに限らない。あらゆる機能性成分において、その効果や安全性の評価が覆される可能性はいくらでもある。私たちはこのことを念頭に置いて、情報を見る姿勢を持つことの大切さを理解することだ。

 消費者に届く情報のほとんどは、マスコミを通じてである。マスコミはいつも新しい情報を求めている。従来の概念を変えるような、あるいは新しく登場する物事はネタになりやすいので、多少、誇張してでも面白く伝えたがる。

 しかし、一般的に言えば、たいていの物事には「ベネフィット」と「リスク」が共存している。売る側は当然のこと、ベネフィットだけを伝えたがる。しかし、そこにはリスクも潜んでいる。健康食品は利用する人のカラダに直接影響を及ぼすものだから、リスクを知らずして口に入れることは賢明ではない。

 ウコンが二日酔い予防に効くか効かないか? あるいはどの成分がよいのか悪いのか?

 そのことを検証する前に「リスク情報は何か?」「これまでに健康被害はあるのか?」ということはネットでも検索できる。

 また毎日飲むものなら品質だって確かなものでないと困るわけで、「この商品は信頼してよいのか?」「有効成分以外に何が含まれているのか?」をチェックする心構えを持つことが何より身を守ることではないかと思う。

紙の爆弾 2017年 6月号 [雑誌]

鹿砦社/鹿砦社

“北朝鮮危機”で支持率維持の体たらく安倍内閣で止まらない「不祥事スパイラル」東京都教育委員会が狙う現場教員ロボット化“愛国教育”を浸透させる上意下達の学校組織【特集】続・私たちの「権利」を確認する1「被ばくしない権利」の確立を求める2「正社員・雇用労働者消滅」社会を回避する方法3 “憲法ごろし”の組織犯罪集団 自民党と共謀罪でどう闘うか森友学園問題 第2幕8億円のごみ」は存在しない!消せない“国家の犯罪”の痕跡守屋武昌・元防衛事務次官が告発防衛省が富士重工に余計に支払った「血税186億円」の深層安倍元秘書が新市長山口県下関市 安倍派支配の“闇”「化学兵器」と「ミサイル爆撃」シリア“泥沼化”の原因ナショナリストから見たシリア・ロシア・アメリカ「てるみくらぶ」だけじゃない格安旅行会社の高すぎるリスク阿比留瑠比・産経論説委員vs小西洋之参院議員敗訴確定“安倍側近記者”による国会言論封殺不倫スキャンダルで渡辺謙がすがる大手プロ「ケイダッシュ」の権力〈連載〉あの人の家NEWS レスQコイツらのゼニ儲け 西田健 松江刑務所より… 上田美由紀 鈴木邦男のニッポン越境問答 河合潤ニュースノワール 岡本萬尋シアワセのイイ気持ち道講座 東陽片岡 村田らむ キラメキ★東京漂流記マッド・アマノの裏から世界を見てみよう この国の危険水域 風俗広告代理店マンのエイギョー日誌パチンコ&パチスロ業界レポート まけへんで!! 今月の西宮冷蔵http://www.kaminobakudan.com/rensai_002.gif鈴木邦男鈴木邦男鈴木邦男マッドアマノ西宮冷蔵西宮冷蔵西宮冷蔵banner_nishinomiya3.jpgbanner_nishinomiya3.jpg村田らむbanner_murata3.jpgbanner_murata3.jpg

スコア:





[PR]
トラックバックURL : http://amenbou.exblog.jp/tb/26674434
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amenbou | 2017-05-20 09:47 | メディア | Trackback | Comments(0)