喫煙者優遇は悪名高き日米地位協定と同じ不平等

某予約サイトで旅館を予約する際には備考欄に必ず「禁煙室をお願いします」と記す。ホテルの場合は禁煙・喫煙が選択できるためわざわざ特記する必要がない。

翌日、某旅館から「禁煙・喫煙を分けておりませんので消臭で対処します」との電話が入った。「消臭しても永年のヤニがこびりついて臭いし、布団にも煙草の臭いがするでしょ。事情は理解できますが、喫煙者が圧倒的に少ないにも関わらず分煙しないのはおかしい。しかも温泉旅館は外国人旅行者が増加しているのに旧態依然のまま治外法権はおかしいのでは?」と意見を述べた。

旅館にしろ居酒屋にしろ禁煙したらお客が減ると懸念しているが時代逆行も甚だしい。美味しい料理やお酒を楽しみたいのに臭くて身体に害のある煙を吸わされる側はたまったものではない。
むしろ「喫煙できます」を看板に掲げてくれたほうが両者とも区別選別できるのでありがたいというものだ。

ライター
彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡
みなみ あめん坊
FaceBook
★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡


ポスト安倍、岸田文雄政調会長が『ひるおび!』生出演! 大ヨイショ大会の内容にネトウヨが見せた驚きの反応
【LITERA】2017.08.11 http://lite-ra.com/i/2017/08/post-3380-entry.html

c0018311_14010792.jpg


 やっぱり、こうなるか──。自民党の岸田文雄政調会長が生出演した9日の『ひるおび!』(TBS)を見ていて、思わず、ため息が出てしまった。

 周知の通り、加計学園問題で追い詰められて錯乱したネット右翼たちは、テレビメディアに対して「安倍おろしのための反日偏向印象操作」とレッテル貼り攻撃を連発しているのだが、目下、何を勘違いしたのかその標的にされ、スポンサー降板運動まで行われているのが、この『ひるおび!』である。

 だが、本サイトで何度も取り上げてきたように、『ひるおび!』といえば、田崎史郎・時事通信社特別解説員を中心にバリバリの安倍擁護を展開しまくる“政権忖度番組”だ。

 そこで先日、本サイトはネトウヨたちの『ひるおび!』批判が、まったく的外れであることを指摘した記事(「ネトウヨと視聴者の会が『ひるおび』を“反日番組”と勘違いしスポンサーに圧力! 田崎史郎大活躍の政権忖度番組をなぜ?」)を出したのだが、するとネトウヨから逆に、「リテラも相当まいってるな!」「効いてる効いてるwww」などと意味不明な反応が返ってきた。

 もはや、ネトウヨ諸兄は本サイトと別の世界にいるのかと思えるほど、なにか極めて倒錯めいた状況になっているが、そんななか、自民党の有力者で“ポスト安倍候補”ともてはやされている岸田政調会長が『ひるおび!』に出演。岸田氏といえば、リベラル派といわれる宏池会の領袖ながら、この間、安倍首相との政治信条的な対立軸を社会に示すわけでもなく、外相として政権を支え続け、ただひたすら安倍政治を推進してきた政治家。永田町では、すでに安倍首相悲願である改憲を黙認するのとバーターで、次期総理の禅譲の密約がなされているのではないか、というような噂が後を絶たない。あるいは禅譲はないとしても、岸田を前面に押し出すことで保守リベラルの批判をおさえ込もうという意図があるのはミエミエだ。

 実際、安倍応援団メディアである産経新聞なども、その意向を忖度してなのか、思想が近い石破茂を叩き、岸田氏を褒めそやすという倒錯状況に陥っている。

 そんな岸田氏が、いま渦中(?)の『ひるおび!』に出るというのだから、そこでネトウヨたちの言う“反日偏向印象操作”なるものが本当に存在するか、あらためてチェックしようと思い、いざ、視聴してみたわけである。

 が、結論から言うとそこで繰り広げられたのは、“反日偏向印象操作”どころか“ポスト安倍忖度”だった。岸田に対するヨイショ、へつらい、ゴマすり、太鼓持ちの数々……。反吐が出るほどの完全な“接待放送”であった。

森友、加計、日報問題の質問を一切封印した『ひるおび!』

 まず、番組では「人事の舞台裏や総裁選への本音に迫る」と題して、岸田政調会長の出演が始まるのだが、普段、ワイドショーに出演しないこともあってか、笑い顔もどこか表情が固い岸田。普通のジャーナリズムの感覚なら(まあ『ひるおび!』に期待しても無駄だが)ここでいきなり「なんでこの番組に出ようと思ったんですか」ぐらいのジャブを放つところだが、MCの恵俊彰は逆に「なごやかに進めていきたいと思います(笑)」などと、緊張をほぐしにかかる。

 さらに、冒頭の話題が「こんな一面も…」なるスクリーンパネルを使って、岸田氏が広島カープのファンで始球式にも出たという話。恵は「今日のトップニュースとしては岸田さん! マジックが点灯しましたよ、最速ですよ最速!」「どこがいいんですか今年の広島は?」などと、とうてい与党の有力政治家に質問する内容ではないが、ようするに広島を選挙区にする岸田に“好感度アップ”の水を向けるという『ひるおび!』流のゴマスリなのだろう。

 しかも、この広島カープの話が終わったら、次の話題は、岸田が地元で出している広報誌をフル活用し、そのプロフィールなどを紹介し始める始末で、いつまでたっても出演者から肝心の質問が出てこないのだ。そう、もちろん、いま国民が注目している加計問題、森友問題、そして自衛隊日報問題のことだ。

 とりわけ、岸田は短期間とはいえ、辞任した稲田朋美の後を引き継いで、防衛相を兼務した人間。当然、防衛省内部の混乱を知っているわけで、普通なら隠蔽疑惑についてはもちろん、シビリアンコントロールの問題など、国民に代わって番組が徹底的に岸田に質問するべきところ。たとえ、岸田側からのNGでそれが難しくとも「岸田さんから見て、稲田さんってどんな人なんですか?」ぐらい聞いてチクリと刺すぐらいはするだろう。にもかかわらず、『ひるおび!』では日報のニの字すら、最後の最後までまったく出てこなかったのである。

 いったい、何のために岸田をスタジオに呼んだのか。頭がクラクラしてくるが、MCの恵を筆頭に、出演者一同、岸田に国民の質問をぶつけるどころか、見え見えのおべっかに終始。たとえば、恵に岸田の印象をふられた水曜レギュラーの伊藤聡子は「ジェントルマン。とても素敵だと思う」、デーモン小暮は「とても振る舞いがしっかりしている。失言もなさらない」などと岸田を褒めたたえる。いったいどちらがゲストか、わからないほどの“借りてきた猫”だ。

 さらには、岸田のほうから「失言がないのはいいことだと思いますが、まあ、言葉を変えるとね面白くないと思いますが」と自虐アピールをしてきたときも、ここで恵がすぐさま「えーーーーーっ」とわざとらしく驚いてみせ、あげく「今日は面白いところ引き出していきましょうよ!」などとほざく始末。お前はキャバクラで銀行の融資担当を接待する中小企業のオヤジか!とツッコミたくなるではないか。

 そんな感じで、終始、見ているこっちが恥ずかしくなるほどの“接待モード”で進行していった『ひるおび!』。次期首相候補に対して、本来すべきはずの政策についても鋭い質問を一切することなく、どうでもいい“酒豪エピソード”も何度も繰り返すばかりで、まったくあくびが出るほどだった。

田崎史郎が言質を取ろうと岸田に「安倍さんと戦わないよね?」

 唯一、見せ場らしい見せ場があったとしたら、最後の最後に田崎史郎氏が、次の総裁選について「岸田さんが候補者として立つことはないということですね?」「安倍さんと戦わないってことでしょ?」と、繰り返ししつこく食い下がった場面ぐらいだろう。

“安倍官邸の代弁者”こと田崎氏としては、安倍官邸を延命させるべく、ここで直接対決をさせないように言質をとろうとしたのがミエミエだが、つまり『ひるおび!』は岸田を立てつつ、安倍官邸を怒らせないよう、細心の注意を払ったわけだ。ようするに、自民党内の権力闘争を鈍化させ、対立軸をうやむやにし、結果として自民党にマイナスは一切ないように“配慮”したわけである。

 誰がどう見たって、“反日偏向印象操作”どころか自民党のPRに加担。これを“政権忖度番組”と言わずして、なんと呼べばよいのだろう。頭が痛くなってくる。

 ところが、である。ここまであからさまに自民党を応援する内容に終わった『ひるおび!』の岸田政調会長生出演に対し、ネトウヨたちは、本サイトとはまったく逆の感想を吐き出している。

〈岸田氏を持ち上げるその真意は、やっぱり安倍おろし。つまりは改憲阻止。わかりやすい印象操作番組で笑ってしまう。〉
〈ポスト安倍ってまだまだ先の話なんだが 辞めさせたいTBSが総理候補を持ち上げて国民に安倍総理より優秀だと印象操作して安倍政権の支持率を落としたいのは明白なんだよ〉
〈マスコミは岸田大臣を担ぎあげて安倍総理の内部からの叛乱を期待しているんだろうなぁ…〉
〈なるほどね〜。なぜこの番組にキッシーが出て、皆でキッシー上げしてるの?と思ったら。。。結局安倍おろしの為ね(;´д`) ゴミ番組。〉

 なんなんだコイツら……。ようするに、ネトウヨたちは完全に“メディアの安倍おろし”なる陰謀論に染まりきっているのだ。ようするに、ネトウヨたちはただ安倍晋三のファンであって、自民党を応援しているのも、「安倍ちゃんあっての自民党」だからに他ならない。だから、安倍以外の政治家がテレビに生出演すれば、それが安倍政権の重要閣僚をずっと務め、安倍政治のエンジンとなってきた岸田文雄だって“敵”に見えるのである。だいたい、前述したように安倍応援団メディアによる岸田推しは、“安倍隠し”することで安倍自民党のイメージ回復を狙ったものなのは明白だ。

 あらためて、その思考回路に目眩がするが、しかも驚くことに、いまネトウヨの間では、今回の岸田生出演を巡って新しい“炎上ネタ”まで飛び出している始末。それは、「『ひるおび!』は安倍ちゃんの名前を意図的に隠した!」なるトンデモのことだ。

ネトウヨ「安倍ちゃんの名前がない!偏向報道だ!」

 どういうことかというと、安倍首相と岸田政調会長は石原伸晃前経済再生担当相、塩崎恭久前厚労相、河野太郎外相らと同期当選組で、『ひるおび!』でも若手時代に彼らが並んで写っているポスターのパネルを紹介したのだが、その際、安倍首相のみ名前や肩書きのキャプションが付いていなかった。

 そこで、陰謀論者のネトウヨたちは〈安倍ちゃんだけ名前付けてなくて吹いた〉〈ぜってーわざとだろコレ〉〈完全に確信犯だよねwwwひるおびの偏向報道は本当に陰湿だよね〉〈ハッキリ言ってネットがある今の時代に、こんな露骨な印象操作は反発を買うだけ〉などと、またぞろ騒ぎ立てているのである。

 もはや言葉もない。だいたい、安倍首相のことは視聴者の誰もが知っているから、別に名前のキャプションを省いたからって何の問題もないだろう。というか『ひるおび!』が、仮になんらかの他意があって安倍を隠したいのなら、最初っからそんな同期当選組が並んでいるポスターを紹介したりなどしないはずである。ああ、本当に相手にするだけ悲しくなってくるほどのバカっぷりである。

 しかし、本サイトとしては、このバカどもを見ていて、ひとつだけよーくわかったことがある。それは、ネトウヨにとっては、安倍晋三こそが絶対的に正しく善なる存在で、メディアが「安倍ちゃん」の出演シーンや発言、主張以外を取り上げようものなら、どんな報道だって「反日偏向印象操作」として扱うということだ。

 もはや、カルト宗教の尊師と信者である。前回の記事でも述べたように、本サイトとしては別に『ひるおび!』のような“政権忖度番組”など、いつ終わってもらっても構わないのだが、一連のネトウヨによる『ひるおび!』攻撃を見て、何を言っても無駄だということに気がついた。

 本サイトは今後も、ネトウヨによるデマや卑劣な炎上攻撃についてはチェックしていくが、もう『ひるおび!』に関してはどうぞ好きにしてくれ、という感じだ。バカにつける薬はないというが、ネトウヨはただバカなだけでなく、“安倍教”というカルトにどっぷりつかっている。さすがに匙も投げたくなるってもんだ。

(編集部)


紙の爆弾 2017年 9月号 [雑誌]

鹿砦社/鹿砦社

null

スコア:



[PR]
トラックバックURL : http://amenbou.exblog.jp/tb/26886554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amenbou | 2017-08-13 10:49 | 旅行 体験 | Trackback | Comments(0)